You are here:  / お笑い / その他 / ジャニーズ / 情報番組 / 男性タレント / 日テレ青木アナが『MUSIC DAY』出演ジャニーズに突撃取材! KinKi Kids・堂本光一、“赤と青”衣装の裏話を明かす

日テレ青木アナが『MUSIC DAY』出演ジャニーズに突撃取材! KinKi Kids・堂本光一、“赤と青”衣装の裏話を明かす



 7月1日午後1時より、10時間にわたる長時間の音楽特番『THE MUSIC DAY 願いが叶う夏』(日本テレビ系)が生放送された。3日の情報番組『PON!』(同)では、出演ジャニーズ全11組への直撃VTRをオンエアー。5年連続で『MUSIC DAY』の総合司会と、大トリのパフォーマンスをやり遂げた嵐・櫻井翔も、そのステージ後にインタビューに応じた。

 大のジャニーズファンとして知られる青木源太アナウンサーの担当コーナー「ジャニッPON!」で、かねてからジャニーズ情報を発信している『PON!』。昨年に続き、今年も『MUSIC DAY』とのコラボレーション企画を実施していたが、6月28日放送分において櫻井と、「ジャニッPON!」の“顧問”に就任している嵐・二宮和也への独占取材を敢行。その中で、青木アナは自身が『MUSIC DAY』の本番で前説を行うにあたり、嵐のコンサートで定番となっているフレーズ「いらっしゃいませ~」(二宮)と、「Everybody scream!」(櫻井)の“使用許可”を得ていた。

 当日の会場となった千葉県・幕張メッセで、青木アナは約3000人の観客の前に登場するなり、さっそく「いらっしゃいませ~」と、絶叫。観客から「イエ~イ!」とレスポンスを受けた後、「『いらっしゃいませ』というのは『ジャニッPON!』顧問をしていただいております、二宮和也さんからお借りしました。本人の許可を得ております。よろしくお願い致します」と、丁寧に一礼した。勢いづいた青木アナが「幕張、調子はどうだ~?」と呼びかけると、客席も「イエ~イ!」と、再度ノリノリで応答。「Come on! Everybody say 日テレ!」(青木アナ)には「日テレ!」(観客)と反応があり、「Everybody scream!」(青木アナ)に対しても、お客さんは「フー!」と、大盛り上がり。青木アナは、この時も「ありがとうございます。総合司会の櫻井翔さんから許諾いただいております。ありがとうございました」と、しっかり頭を下げ、最後は観客と一緒に「せ~の、『PON!』」と番組のポーズを決め、任務を遂行した。

 その後のVTRでは、『MUSIC DAY』でジャニーズ総勢57人によって披露された「シャッフルメドレー」をおさらい。最初に嵐・松本潤、Hey!Say!JUMP・高木雄也、Kis-My-Ft2・玉森裕太、ジャニーズWEST・中間淳太&桐山照史で歌ったNEWSの「weeeek」(2007年)の映像を振り返った後、TOKIO・山口達也、関ジャニ∞・錦戸亮、Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、Kis-My-Ft2・二階堂高嗣、Sexy Zone・佐藤勝利、A.B.C-Z・戸塚祥太によるKinKi Kidsの「硝子の少年」(1997年)や、山下智久、関ジャニ∞・大倉忠義、Hey!Say!JUMP・有岡大貴、Kis-My-Ft2・北山宏光、Sexy Zone・マリウス葉、A.B.C-Z・橋本良亮、ジャニーズWEST・神山智洋が熱唱したKAT-TUNの「Real Face」(2006年)など、グループの垣根を超えた夢のコラボレーションを紹介。

 嵐の楽曲「感謝カンゲキ雨嵐」(2000年発売)は、TOKIO・国分太一やKinKi Kids・堂本光一、NEWS・増田貴久、関ジャニ∞・横山裕、Hey!Say!JUMP・八乙女光、Kis-My-Ft2・千賀健永が歌い、02年の「花唄」(TOKIO)は、同局で今年8月26~27日に放送される『24時間テレビ 愛は地球を救う』のメインパーソナリティーに抜擢された櫻井、NEWS・小山慶一郎、KAT-TUN・亀梨和也の3人が担当し、会場を盛り上げていた。

 そしてここからは、青木アナがジャニーズ11組それぞれに行ったインタビュー映像へ。まずは、今年デビュー10周年を迎えたHey!Say!JUMP。『MUSIC DAY』では、7月5日に発売するニューシングル「Precious Girl」を含む“10周年スペシャルメドレー”を披露した。青木アナは「お疲れのところありがとうございます」と気遣いつつ、「全員に会えるのは年に1回なので、私にとって本当に楽しみな瞬間です」と、ニンマリ。中島裕翔が「(嬉しそうなのが)漏れてますよ」と苦笑いを浮かべるも、「ダダ漏れです~」(青木アナ)と、声を弾ませた。[続きを読む]