You are here:  / ジャニーズ / 情報番組 / 男性タレント / 『とくダネ!』嵐・櫻井翔の父を特集! MC・小倉智昭、母の“大学教授説”を疑問視

『とくダネ!』嵐・櫻井翔の父を特集! MC・小倉智昭、母の“大学教授説”を疑問視



 7月17日、総務相の次期事務次官に就任することが明らかになった、嵐・櫻井翔の父・桜井俊氏。29日放送の『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)では、桜井氏の特集をオンエアーした。

 人気アイドルの実父が官僚のトップに就任するという異例のニュース。高市早苗総務大臣は、28日に行われた会見で「先般から何紙かの新聞に出ておりますが、『櫻井翔さんの父』と小見出しが出ているものもあって、ちょっと気の毒に思いました。櫻井翔さんが、桜井・新事務次官の息子であります」と、見解を述べたことも大きな話題となった。

 父・俊氏は東大法学部卒業後、1977年に旧郵政省に入省。情報通信分野のエキスパートとして知られる人物だという。同番組では2011年、携帯電話のリサイクルに関するインタビューを受ける俊氏の映像を放送。「たしかにその優しい目鼻立ち、口元も息子の翔さんとよく似ている」と、親子の写真を比較していた。

 息子の櫻井はアイドル活動のほか、ニュースキャスターとして『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に出演。そんなアイドルの父が座ることになった「事務次官」とは、いわゆるキャリア組といわれるエリートたちの激しい出世争いを勝ち抜いた、各省庁に一人しかいないエリート。大臣の補佐や事務次官会議では省庁間の調整を行う重要な役割を担うことに。年収は2000万円を超えるという。

 『とくダネ!』は街の人にコメントを求め、原宿では「嵐なのに、お父さん偉い人ってヤバくないですか?」「翔君もスゴイし、お父さんもスゴイし、エリートな一家だなって」「櫻井家に教育方針を聞きたい」と、驚きの反応が続出。一方、新橋のサラリーマンからは「変なことできないし、変なウワサも立てられないし。お互いに大変だと思います」と、心配する声も出ていた。