You are here:  / その他 / ジャニーズ / バラエティ / 女性タレント / 男性タレント / 【いただきハイジャンプ】Hey!Say!JUMP・有岡大貴、ゴーカート企画始動で「股間キュってなった」

【いただきハイジャンプ】Hey!Say!JUMP・有岡大貴、ゴーカート企画始動で「股間キュってなった」



 Hey!Say!JUMPの有岡大貴と高木雄也が、レギュラーのバラエティ『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)にて、ゴーカートを猛特訓。モデルでタレント・マギーとともに絶叫ドリフト体験&レース対決を行った。

 有岡と高木は今年9月15日オンエアーで、ものまねタレント・福田彩乃から「ゴーカート」の楽しさを教わり、中学1年生の12歳にして“天才少女”と呼ばれる「Juju」こと野田樹潤ちゃんと対面。福田・樹潤ちゃんペアと勝負した結果、有岡がスピンや逆走のミスを連発してしまい、樹潤ちゃんに周回差をつけられてアッサリ敗北していた。今回はそんなカート企画の第2弾となり、有岡が「覚えてます?」と聞くと、高木は「覚えてますよ。あなたのせいで負けたじゃないですか」と、チクリ。

 高木は「あれから超好きだもん、俺」と、すっかり樹潤ちゃんのファンになったようだが、有岡は「ダメだよ。勝つまではライバルなんだからね。“打倒・樹潤ちゃん”なんだから」と、忠告した。番組サイドはそんな樹潤ちゃんのもとを訪れ、収録を振り返ってもらったところ、「高木くんは“全然余裕かな”と思ってたら、思ったより速くて。“勝てるかな、ホントに”って不安になった」と高木のセンスは認めながらも、「有岡くん……は、今度は弟(8歳)と勝負ですかね」と、辛口評価。

 さらには「今、歳とか関係なくて、あんまり勝負する人がいないので、高木くんはちょっと、勝負できるくらい速くなって、また勝負したい」とも口にし、スタッフが「また再戦させていただいていいですか?」と確認すると、「はい、楽しみにしています」(樹潤ちゃん)と笑顔で答えたのだった。進行役の小穴浩司アナウンサーが「どうですか、今のメッセージは?」と問いかけると、高木は「いや、嬉しいですね。こんな風に思ってもらってたとは。“これは上手くならないとな”って」と、決意新たに。こうして、樹潤ちゃんに勝つ日を目標に据えたプロジェクト「カートJUMP 芸能界No.1への道」が動き出した。

 初回の特訓相手であるマギーは「車の運転がめちゃくちゃ好きで。カート自体は3回くらいしか経験がないんですけど」と述べつつ、「ただ私もまぁ、うん……。“2人には負けたくないな”っていう……」と、敵意むき出し。ドリフトもやってのける“モデル界きっての車好き”だといい、カートの映像を見た高木は「上手いよ。(有岡は)確実に負ける」と、太鼓判を押した。まずはマギーの実力を測るため、タイムトライアルを実施。コースは全長700mの「茂原サーキット」(千葉県・茂原市)で、前回は樹潤ちゃんが「41秒04」の高記録を出し、高木は「44秒15」、有岡はこれより遅い「1分24秒」という結果だったが……。[続きを読む]