You are here:  / お笑い / その他 / バラエティ / 女性タレント / 男性タレント / 流れ星・瀧上、妻との“夜の営み”をぶっちゃけトーク! 「嫁がどエロ」「毎日迫ってくる」

流れ星・瀧上、妻との“夜の営み”をぶっちゃけトーク! 「嫁がどエロ」「毎日迫ってくる」



 深夜のトークバラエティ『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京、6月14日放送)に流れ星・瀧上伸一郎と、その妻が登場。番組MCを務めるネプチューン・名倉潤と次長課長・河本準一らの前で赤裸々トークを繰り広げた結果、衝撃の夫婦生活が明らかになった。

 この日の企画は「芸人の嫁の顔が見てみたい」で、瀧上夫妻のほかにライセンス・藤原一裕と妻・みささん、はんにゃ・川島章良、なつきさんも出演。“見届けゲスト”としてはキングコング・梶原雄太、未来子さんが同席した。瀧上、藤原、川島の3名は妻より先にスタジオ入りし、まずは「自分のお嫁さんを一言で言うと?」との質問にそれぞれ回答。瀧上は結婚2年目の妻について、自分に何の相談もなく、いきなり養豚場で働き始めるなど“奇想天外な性格”だと説明した上で、「なんかもう本当に僕に相談もなく、ガンガン行くんすよ。いろいろ……」と、語り始めた。

 瀧上によれば、地上波ではないが「芸人の嫁の写真を風俗店に並べて、一般のお客さんが指名して“誰が一番早く指名されるか”みたいな。ゲスい番組があった」そう。名倉も「ゲスいな~!」と苦笑したが、瀧上は「普通は、芸人さんの嫁さん嫌がるから。断られたりとかするんで、“僕の嫁もさすがに嫌がるかな”と思ったらノリノリで。『出たい、出たい!』とか言うんすよ」と、妻の意外な反応を報告。

 しかも、瀧上が「写真を風俗店に並べられて、指名されたら終わりなんだけど」と伝えたところ、妻は「え~! お客さんとヤんなくて良いんだ!」と、言ってのけたという。瀧上が「ヤるつもりで『やる、やる!』って言った? どういうことよ?」と当時の心境を漏らすと、MC陣も「ヤるつもりの『やる』なんだ?」(名倉)、「パンチが強すぎるんだよ!」(河本)と、困惑していた。

 ここで、ようやく3人の妻がスタジオの椅子に着席。誰が誰の妻なのかはまだ伏せられたまま、トークは「夫婦のちょっと生々しい馴れ初め」の話に進んだ。瀧上が「(妻が)Twitterでなんか絡んできたといいますか、ダイレクトメッセージみたいなのが来まして。『ライブ行きたいです』みたいな」と話し出すと、名倉は「あ、ファンやったんだ?」と、ビックリ。こうして“ファンと芸人”の立場で知り合いながら、瀧上は「その日の夜に……。僕もダメだったんですけど、『じゃあヤろうよ』みたいなこと(言った)」と、誘った模様。

 名倉は「ダメじゃないよ、別にそれは。やっぱ、男はそういう時あるよな?」と肩を持ち、瀧上も「そこまでガンガン来てくれるんで……」と述べたが、当時ただのファンだった妻は「でも付き合ってないですよね?」と、難色を示したとか。瀧上は「『そりゃそうやな』っつって。『じゃあ付き合おっか?』って(提案した)」と、勢いで交際を開始したようだが、週替わりMCの堀田茜は、瀧上の「じゃあ」が引っかかったらしく、「嫌です、嫌です。だって目の前の目的のために『とりあえずじゃあ行こう』みたいな感じですよね?」と、指摘。



 名倉が「『じゃあ』はいらんよな? それ嫌やな。『じゃあ付き合おっか』って、女の人として嫌でしょ?」と投げかけると、スタジオアシスタントのタレント・みるきぃぬ、竹内渉、金山睦も頷いた。一方、瀧上は「奥様との夜の営み」に関して「自分の満足度」をオープンにする場面で、「69点くらいかな」「僕はたぶん“普通”だと思うんですけど、嫁がどエロなんですよ。だから“満足させてないんじゃないかな”と思う」と、ボソリ。[続きを読む]